9話 番外編【特別な人(叔父)】~賢者占人、真成の半生~

大阪心斎橋にある占い館【占龍館】
占い師をしております。真成です。

シリーズ:【過去の後悔、愚かな私、死の体感】賢者占人、真成の半生

私の占い師になる迄にあった、色んな過去の事を記載しようと思います。

 

9話 番外編【特別な人(叔父)】

4話【尊敬出来る叔父、育ての叔父】のあとがき。
特別な人。笑った顔が一番似合う人。

辛い事、悲しい事、悩む事あったはずだが、一度たりとも見た事がない。

楽しさを与える大人。有名だった叔父。
もう亡くなって25年が経つ。

告別式では沢山の人で溢れていた。

今生きていてくれたらどうだっただろう?

私は叔父から何を学んだのか?

今振り返り叔父が日々教えていた事、

『苦難の時も笑顔でいれば必ず楽しい事が訪れる』

という事だったのだろう。

寿命であったと思うが心残りが多い。

でも、私が笑い楽しく過ごして居れば叔父も嬉しく思うだろう。

叔父は、常に私の味方であり尊敬できる人なのだから。

つづく、、、

10話【勉強嫌い普通以下】

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

真成

山や神社などを巡り、あらゆる自然の声に心を傾け、16年の修行を行ってきた。 修行と色々な人と出会う事で「私にも人の役に立つ事が出来ないだろうか」と思い、占いの道へ進む。

Copyright© 占龍館(対面+オンライン占い) , 2021 All Rights Reserved.