その34:ヤ〇〇世界の神様話

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

セキララにこれまでの人生の振り返る
「波乱万丈の女!占術家・黄麗の半生」・・・

その34回目は「その34:ヤ〇〇世界の神様話」のお話です。

その前に・・・
こちらはすでにお読みいただいていますか?

前回の記事はこちら!→「その33:見えると怖くない」

38歳の時でした。

占い師の私は師匠と一緒に
ミナミの高級クラブで飲んでいた。

隣の席には黒光りした男達が5人ほどいた。

誰が見ても、それがヤ〇〇だと分かる。

そっち系の週刊誌ではトップを飾る有名人だ。

それは日本の裏社会のトップクラスの集まりだった。

少し緊張している私。

横に座っているホステスのお姉さんが、彼らは常連さんだと教えてくれた。

一体何の話をしているのだろう?

強面の面々が全員真剣な顔で話をしている。

側から見ると、ヤバい悪だくみ・・・かと思うぐらい。

私は好奇心から思わず聞き耳を立ててしまった。

「え、えー?」私は話の内容を聞いて驚いてしまった。

何と、皆様真剣に神様の話をしていたのです。

「天照大御神様が…」
「〇〇神社の…」
「祭壇のお供物は…」
「御神体が…」

こんな話が延々と聞こえてきたのです。

そして伝わってくる信仰心の強さ。

そういえば、ヤ〇〇の「酒杯」は神前で行われる儀式。

世間では悪の象徴のように言われる裏社会のトップ達は
事ある毎に、真剣に神事を執行っているのです。

夜な夜なヤ〇〇が集まって、
密談をしている内容が神事だったとは…。
 
「ヤバい悪だくみか?」なんて、
勝手な妄想をしてしまった自分に笑いが止まらなかった。
 
ここで教訓!

 勝手に思い込まず、確かめる事が大切です!
 
続きはこちら!→「その35:お金がない時」

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館 , 2020 All Rights Reserved.