その56:間違っている事に気がついて

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

セキララにこれまでの人生の振り返る
「波乱万丈の女!占術家・黄麗の半生」・・・ 

その56目は「その56:間違っている事に気がついて」のお話です。

その前に・・・
こちらはすでにお読みいただいていますか?

前回の記事はこちら!→「その55:正しい事が間違っている」

事業が上手く行っていてお金に困っていなければ、
勧められた内観セミナーに導かれたかどうかと言えば疑問だ。

物事が上手くいっている時は、人はその場に胡座をかきやすい。

もっと自分の状態を良くしようとは中々思えないものだ。

現状からなんとか脱出したい・・・

そう思ったからこそ、経済苦の中、後先考えず、無謀な行動に出た。

私は若くして、上手く行っていた時代は、
自分自身の傲慢さになど気づきもしなかった。

あのままだったら、人間として、恥ずかしく思う。

過去、自分は一所懸命生きてきた。

自分に厳しく、他人にも厳しかった。

生きる為に何でもした。

自分を正当化して、人と戦った。

それは、周囲にたくさんの迷惑をかけてきた。

本当に大切な事は何だったのか?

もっと、深く自分を知りたい。

内観セミナーのBコースには、人の情けで行けるようになった。

内側にあるヘドロをこのままにはしておけない。

過去の間違いに気がついて、私の価値観に変化が起こってきた。

続きはこちら!→「その57:先祖と繋がる」

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館 , 2020 All Rights Reserved.