ブログ 黄麗

精神世界の旅 その34「父母という壁」

投稿日:

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

黄麗のWEB占いはこちらから!(スマホ対応)

 

精神世界の旅

その34「父母という壁」

 

世の中にはいい親ばかりではない。

人格を疑うような人でさえ
子を授かり親になっている。

世間的に裕福で人格者と言われるような
親のもとに生まれてきても
辛いことが沢山あるかもしれない。

かまってもらえなかったり
躾が厳しかったり
自由を許してもらえなかったり

子供心に親に対しては色々な思いがあるだろう。

逆に父母から適度な愛情を受けて
父母の背を観て育ち
父母を尊敬する子供もいることだろう。

「お父さん、お母さん、大好き!」と
言える人は、とても幸せだ。

この世に命を持たせてもらい
育ててもらった大恩人の親。

この親がどんな親であれ
感謝が湧かなければ
悟りの道の入り口にも立てないこととなる。

父と母を飛ばしての
内観はあり得ない。

自分を観れば観るほどに
父と母が出てくるからだ。

そこから生まれたのだから
当たり前のことだ。

100%善人の人間はいないのだから
親に悪人の部分があるのは
仕方のないことだ。

もちろん自分自身の中にも
しっかりと善も悪もある。

親が嫌いな人は
自分の嫌な部分を直視できていない。

その壁を乗り越えなければ
神仏とは繋がらない。

魂レベルの話も始まらない。

EQ内観セミナーでは
親とのかかわりを通して
自分の内面を観ていく。

私自身が親に
大感謝できるようになったことが
生まれてきて一番嬉しいことの始まりだった。

その壁は人それぞれに
厚みが違う。

前世からの「業」にも関係している。

内観の途中は苦しく辛い。

そこを抜けると
世界が一変し
体中の細胞が愛で震えだす。

何という至福!

初めて人間になれた気分だった。

人間として生まれてきて
この体験をせずに
輪廻を繰り返すのは
何と恐ろしいことだろう。

それは、内観によって
壁を乗り越えた時に
前世を含む今までの過ちに対して
初めて思えた恐怖だった。

親に感謝の意味は
とてつもなく深い。

 

 

つづく…

 

 

 

 

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

 

【黄麗の週刊精密月占い&八柱神】

黄麗の無料メルマガを配信中!

毎週日曜日の朝8時に
「黄麗の週刊精密月占い」
で運気アップしませんか? 

大自然の動きの中で、
特に月はその引力で地球に影響を与えています。

満ち潮、引き潮という大海をも動かす大きな力です。

人間の体内にある水分も月の支配を受けています。
よって、月は人の精神にも強く影響を及ぼすのです。

あなたの思考が鈍る危険日を知り、
周囲の人のリズムを把握することに役立ちます。

また不定期で
「見えない世界の力を味方に付ける方法」
をお届けします。

↓↓↓こちらをクリック

◆【黄麗】占術・八柱神について
  もっと理解を深めたい方はこちら!

【黄麗が教える自然法則】法則占術・八柱神を詳しく知りたい方へ・・・

 

◆もっと黄麗を知りたい方はこちら!

【波乱万丈の女!占術家・黄麗の半生】 リンク集

 

◆タロットを学びたい方はこちら!

【タロット占い・当たる神秘のカード】リンク集

 

人気ランキングに参戦しています!

経営者ランキング

↑クリックでの応援お願い致します(^^♪

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

-ブログ, 黄麗
-, , , , , , , ,

Copyright© 占龍館 , 2019 All Rights Reserved.