私が占い師になったきっかけは、子供の頃の記憶でした。

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

 

今日は、私が占い師になった「きっかけ」についてお話します。

占いは子供のころから、
友達を占ったりしていました。

でも、全然、占い師になろうとは思っていませんでした。

子供の頃は、
私は医者か弁護士か作家になりたいという夢を持っていました。

35歳の時、
内観EQセミナーを12日間受講して、
幼い時の自分が観えました。

当たり前に占いをしている自分。

私は占いが大好きだったことを思い出しました。

占い師になろうというよりは、
前世占いや呪術をしていた記憶がよみがえって、
占い師に戻ろうと思ったのがきっかけでした。

占い師は、
お客様に対しては、
まるで医者のようであり、
弁護士のようであり、
このように文章も書きますので、
作家のようでもあります。

子供の頃の夢の本質は、
叶っていると思いました。

一対一で深く人に関わるのが、好きなのです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館(対面+オンライン占い) , 2021 All Rights Reserved.