占い師になる前の職業は色々ありました…

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

黄麗の職歴は凄まじいものです・・・

 

順を追ってお話すると、

16歳のときは、飲食店や接客業が主でした。

事業は、21歳からスターとして、
ラウンジ、不動産、レストラン経営をしました。

プロの占い師になったのは36歳からです。

接客業は対面鑑定の占いで
お客様とのコミュニケーションの下地の修行となりました。

不動産業は、現在得意としている土地や家相の鑑定の下地になりました。

事業を21歳からしておりましたので、
38歳から始めた占い館の経営の基礎となりました。

私の職歴、仕事の内容については、
セキララ日記で詳しくお伝えしています。

ぜひ、チェックしてくださいね。
詳しくはこちら
【波乱万丈の女!占術家・黄麗の半生】 リンク集

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

Copyright© 占龍館 , 2020 All Rights Reserved.