ブログ 黄麗

その54:自分を観る

更新日:

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

セキララにこれまでの人生の振り返る
「波乱万丈の女!占術家・黄麗の半生」・・・ 

その54回目は「その54:自分を観る」のお話です。

その前に・・・
こちらはすでにお読みいただいていますか?

前回の記事はこちら!→「その53:内観セミナーに誘われて」

「魂世紀」という本。

もう絶版になっていますが、探せば手に入ると思います。

私はその本を読んで、その著者(師匠)に会って、
内観のセミナーに参加することになった。

これが、私の人生を大きく変えた。質まで変えた。

師匠自身が受講して、
自己変革を遂げるキッカケになった同じセミナー。

そこに私も参加できるという事は、
私も同じように自己変革が出来ると信じた。

当時は淡路島でそれが行われていました。

内観セミナーの内容は明らかにする事は出来ませんが、
自分を観るという事をする為に、
あるテーマを頂いて、ひたすら書くという行為をします。

書いていく中で、気づきが起こります。

インストラクターはいますが、
それは導くだけで、彼らが何かを教えたりしません。

朝から夜遅くまで、机に向かって、
全て、自分の内側から出てきた事を書き続けます。

Aコース3泊4日があっという間に過ぎていった。

参加者全員が、今まで閉じていた霊眼が開かれ

生まれて初めて内側を観たという瞬間が訪れた。

その時のショックの度合いは、人によってそれぞれ。

私は、人生で色々な体験をしてきたので、ショックは少なかった。

でも、自分の内側が見え過ぎるぐらいに、見える様になってしまった。

第1回目のセミナーAコースを終えてから、日に、日に、

「私は一体何をして、生きていたんだ!」

私の心の内側はヘドロにまみれていた。

続きはこちら!→「その55:正しい事が間違っている」

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

-ブログ, 黄麗

Copyright© 占龍館 , 2019 All Rights Reserved.