ブログ 黄麗

その62:占術家 黄麗誕生

更新日:

大阪・心斎橋の老舗占い館【占龍館】

代表の黄麗です。

セキララにこれまでの人生の振り返る
「波乱万丈の女!占術家・黄麗の半生」・・・ 

その62回目は「その62:占術家 黄麗誕生」のお話です。

その前に・・・
こちらはすでにお読みいただいていますか?

前回の記事はこちら!→「その61:私が好きなことと出来ること」

プロとして活動してをする為に、

占い師の名前を決めなくてはならなかった。

内観以降、わたしは毎日、太陽を拝んでいた。

太陽の暖かさから、生命のエネルギーを感じる。

太陽があってこその地球生命。

その光の色の象徴として、「黄」を選んだ。

そして次に浮かんだ文字が「麗」だった、

Web検索すると、「黄麗」と言う多肉植物の存在を知った。

花言葉は「強靭な人」

私はインスピレーションで、この名前を天から頂いたと感じた。

その後、白昼、自宅近くを散歩していた時、神秘体験が起こった。

その時の精神状態は歩きながらにして、無の境地に入っていた。

心の中のものを一切手放していた。

辺り一面の風景が変わって、光の世界になった。

全てが黄金に輝いていた。

綺麗な音楽が流れている、モーツァルトの曲に似ていた。

それは一瞬の出来事だった。

私は閃光の矢で撃ち抜かれた様な感覚を覚えた。

その瞬間・・・

上から透明の大きな箱が私の頭に落ちてきて、
身体の中に入って消えた。

それで、ハッと我に帰ると、
今まで難解だった占いの奥義が、
理解出来るようになっていた。

これは内観を通して、
私の感性が開いていたからこそ、起こった事だと思う。

子供の頃から占いをしていたのは、その前世を持っていたからで、

前世で私が得ていた知識が時空を超えて、戻ってきたのだ。

そして、私は準備が整い、プロの占術家として、活動をする事になった。

続きはこちら!→「その63:「今日の言霊」を書き始める」

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黄麗/占龍館代表

黄麗/占龍館代表

占龍館代表 先祖代々神主を務める家系に生まれ、幼少の頃より心霊・占いなどの精神世界に関わる。 占術家として、テレビ出演や雑誌掲載、講演活動など、日本全国で幅広く活躍し、WEBコンテンツやアプリなどでも占いの監修を手がけている。

-ブログ, 黄麗

Copyright© 大阪心斎橋の占いの館 占龍館 , 2018 All Rights Reserved.